スポンサード リンクスポンサード リンク

『自分で申告、確定申告B』など4種の確定申告フリーソフトの比較レビュー

■自分で申告、確定申告B■(http://wwwi.netwave.or.jp/~yasui/kakutei.htm#download)

この確定申告ソフトの特徴:
確定申告書Bを作成するための、エクセルファイルです。
作成者自身が使いやすいように作成しており、農業など家族経営事業者・個人事業主に最適との記載があり、法人には対応していないとのことでした。
使用方法は、ダウンロードしたファイル内に、操作方法として書き込まれています。


■えくしん青色簿記 2009年以降申告版■(http://exsin.1-shop-net.com/download.htm)

この確定申告ソフトの特徴:
青色確定申告をするための、エクセル用会計ソフトです。
エクセルファイルに入力するだけで、複式簿記ができるようになっており、敬遠していた方も青色申告に挑戦できます。
サイト上に詳しく使用方法も載っており、ダウンロードされるファイルには見本も同梱されていますから、試しやすいソフトと言えそうです。


■無料会計ソフト(加藤かんたん会計)■(http://kozo2003.web.infoseek.co.jp/kantan3-8-1.htm)

この確定申告ソフトの特徴:
青色確定申告をする法人・個人向けのフリー会計ソフトです。
税理士の方が作成しており、青色申告に必要な条件を満たしつつ、機能は最小限におさえられているとのことです。
ソフトの使いかたなど解説や、質問集、サポート用の掲示板の他、有料のサポートなども行われており、フリーソフトながら、分からないことがでてきた場合も解決できる点が魅力ですね。


■おまかせ確定申告2009(給与・年金所得者用)■(http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se419463.html)

この確定申告ソフトの特徴:
質問に答えて行く形式で入力ができ、初心者にも書類が作成しやすそうな申告書類作成用フリーソフトです。
医療費明細書作成機能や、住民税住宅ローン特別控除の自動判定機能の他、記入例や間違い例、節税の技など役立つ情報も盛り込まれています。
また保存しておくことで、翌年以降は前年の情報を使い、申告書作成を簡素化することも可能です。たいへん配慮の行き届いたソフトと言えるのではないでしょうか。

『inotaの税法ソフト』など4種の確定申告フリーソフトの比較レビュー

■inotaの税法ソフト■(http://www5e.biglobe.ne.jp/~inota/index.html)

この確定申告ソフトの特徴:
会計事務所の実務で使われている実績のある、確定申告に役立つソフト集です。
「所得税の確定申告」と「法人税の確定申告」があり、ページ上にあるそれぞれのタイトルをクリックするとダウンロードページへ行けます。
いずれもフリーソフトで、作成書類はA4のコピー用紙へのプリントが可能です。
また、メールでのサポートも行っているようなので、不明点があった場合も安心です。


■平成20年分 所得税の確定申告書■(http://www2s.biglobe.ne.jp/~m_m_c/)

この確定申告ソフトの特徴:色々なソフトがダウンロードできるページで、税金関係という区分にある所得税の確定申告書作成ソフトです。
フリーソフトで、ソフト名をクリックするとダウンロードができます。
制度の改正に応じて内容が変更されているようで、現在の最新版は税額控除のシートが平成20年分の所得税から適用された、住宅借入金等特別控除に合わせて変更されたものとなっています。



■確定申告かんたん印刷ソフト(20年度版)■(http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se447885.html)

この確定申告ソフトの特徴:
「税理士いらず」という、小規模法人向けの税務会計ソフトの個人事業者用のベータ版で、フリーソフトとして配布されています。
操作画面は、申告書に書き込む感覚で入力できるPDFイメージとなっており、提出用と控え用をプリントすることができます。



■VBA 確定申告書A H18■(http://www.free-sharesoft.com/libDL/jp000000sftj0000/0008.html)

この確定申告ソフトの特徴:
エクセルで確定申告A・医療費控除の明細書・所得の内訳書を作成できる、Windows用のフリーソフトです。
確定申告書B・税額控除明細書の作成と、土地・建物や株式の分離課税の計算には、別途シェアウェアが必要となります。
スポンサード リンク